記事一覧

吉田拓郎ライブ2016(東京国際フォーラム)

このブログを定期的に愛読してくださっている賢明な皆様!!!

大変永らくお待たせ致しました。

本日のブログは我らが「吉田拓郎」様のライブについてです!!!

さぁ!!!逝きますよっ!!!(笑)

ファイル 1475-1.jpg

今回の拓郎様のライブ会場は東京国際フォーラム(有楽町)。

会場入り口は開場1時間前から超!!!長蛇の列!!!!!!!!

おまけに・・・

「チケット譲ってください」のプラカードを手にした人々多数!!!
会場付近で「弾き語り」をしている人、それを暖かく聴きいる人々多数!!!(笑)

いやぁ・・・相変わらず・・・拓郎ライブ・・・お祭り騒ぎだ!!!(嬉々!!!)

ファイル 1475-2.jpg

因みに、今回の私のチケットは2階席のかなり後ろ・・・
それも右の一番端っこ!?

しかし・・・これが結構イイ席で、拓郎様と来場者を含めた全体を
ライブの盛り上がりと共に眺めるのには最高のアングルでした!!!

いやぁ・・・相変わらず、私の「くじ運」・・・良いです!!!(笑)。

まだ、最後の横浜公演が残っている為、ネタ・バレを避けようと思います。
(ライブ内容の詳細は伏せます)

・・・で、今年のライブの感想・・・

拓郎様・・・声の調子、すごく良いです。
2年前のライブの時より遥かに良いです!!!

TVのリハーサル風景を見た時には、かなり不安でおりましたが・・・

かなり!!! かなり「声」出ておりました。

冷静に考えれば・・・

拓郎様のシャイで天邪鬼の性格からしたら・・・
TV収録中にワザと?ああ云う「歌い方」・・・平気で「する」人でしたよね?(笑)

それが!本番のあの声量!!!声圧!!!

いつものトルクフルな・・・まるで「鉄砲水」を全身で浴びてしまうような・・・
あの「声」が・・・ギンギンで鳴り響いておりました。

もう、この時点で(最初から)、安心を遥かに超えて、興奮の渦へ!!!

選曲は、いつも通り「盛り沢山!!!」

皆さん「期待」の?・・・「弾き語り」あり・・・バンド構成あり・・・
泣かせる選曲・演出・・・

気がついたら・・・「た・く・ろぉーーーーーーっ!!!!!!!!!」
・・・と叫んでしまっていること・・・必至です!!!(笑)

いやぁ・・・今回のライブも泣きました・・・

あれだけの観客を泣かせて・・・感動させて・・・70歳ですよ!?(驚)

自分の身の回りの70歳・・・どーですか?

または・・・

今の現役若手ミュージシャン達・・・

彼らが70歳になった時、果たして、どんな唄いっぷりでしょうか?
そして、その頃、今のファン達は70歳になっても、そのミュージシャンを
愛し続けているのでしょうか?

そんなことを考えながら・・・改めて・・・

「吉田拓郎」という存在の凄さに気付かされる・・・

そんな素敵なライブでありました。

もぉ・・・ここまで追いかけたら・・・

最期まで見届けるしかないでしょう!!!

ありがとう!!!拓郎っ!!!

ありがとう!!!拓郎様っ!!!

あなたの音楽活動と人生の「いきざま」に心から感謝を申し上げます!!!

ありがとうございました!!!

今夜も・・・いい夢を観させて頂きました!!!

ありがとうございました!!!(大感謝です!!!)


では、ネタ・バレは避けつつ(まだ横浜公演が残っている為)、
一部会場風景を!

ファイル 1475-3.jpg

これはグッズコーナーの様子です。
写真では分かり辛いと思いますが、写真の向かって右端から
ずーーーーーーーーーーーと後ろまで長蛇の列です!!!(驚)

皆様・・・グッズをお買い上げ希望の場合は、なるべく早めに
会場入りをお勧め致します。

ファイル 1475-4.jpg

こちらの写真は閉演後の会場風景・・・

ほぼ全員が立って、手拍子しながら観覧。
よく見ると観客のほとんどがご年輩の方々(驚・笑)
凄い光景でしたよ!!!

ファイル 1475-5.jpg

最後は国際フォーラム出口から見た有楽町・東京八重洲方面の夜景。

この・・・ライブ後の、なんとも言えない「刹那い」感じ・・・

いいんです・・・

嗚呼、拓郎様・・・

やっぱり、あなたは最高でした!!!

今夜もイイ夢を観させて頂きました!!!

ありがとうございました。

吉田拓郎様とファンの皆様の末永い健康とご多幸を祈っております!!!

また次回・・・何処かの会場で再びお会い致しましょう!!!

小学生対象・絵画鑑賞トーク(高崎市美術館)

ファイル 1474-1.jpg

現在、高崎市美術館で開催中の展覧会「愛のなかの女性たち」展。

この展覧会に私の作品2点を展示して頂いている都合で
本日は地元の小学生たちを対象にした絵画鑑賞トークを
午前・午後の2回に渡りやって参りました。

ファイル 1474-2.jpg

参加して頂いた小学生の皆さん・・・とても好奇心旺盛で
感受性も非常に豊かで繊細!!!

改めて子供達の可能性の高さに驚きを隠せない・・・
そんな感動いっぱいのトークを、今回も体験させて頂きました。
このまま・・・どうか、このまま・・・
のびのびと成長していって欲しいと願います。

最後に・・・

この度も、このような企画展示とトークに私を起用してくださった
美術館関係者の皆様に心から感謝を申し上げます。

ありがとうございました。

森の中の美術展 

本日のブログは宣伝です。

赤城山麓にある中之沢美術館で明日(10月16日)から始まる展覧会
「森の中の美術展」に出品致します。

以下、詳細です。

ファイル 1473-1.jpg

ファイル 1473-2.jpg


「森の中の美術展」

期間・・・・・・10月16日(日)から11月27日(日)まで
        11:00から16:00まで
        金・土・日・祝のみ開館

場所・・・・・・中之沢美術館
        群馬県 前橋市 粕川町 中之沢 249-14

出品作家・・・・明田一久、新井コー児、今井由佳、上野瑞香
        大倉美枝子、金田菜摘子、黒川初美、下山直紀
        高橋由海子、瀧ケ崎千鶴、多胡宏、長野順子
        林美紀子、平島鉄也、フィオラモンティ・マッテオ
        福島保典、増田洋子、森村幸子、吉村浩美
        淀井彩子、淀井由利子
                            (敬称略)

問い合わせ・・・Tel 027-285-2880(中之沢美術館まで)

入館料・・・・・一般¥500円   小中学生¥300円


ファイル 1473-3.jpg

今回、私はS100号(油絵)を2点、出品致します。
この内の1点は昨年、群馬県立近代美術館での個展中に
公開制作していた作品の完成品です。

興味のある方は期間中に是非、赤城山麓の紅葉も楽しみつつ
お出かけくださいませ。

よろしくお願い致します。

最後に・・・

今回の展覧会の開催に際し、私にも参加依頼をくださった
関係者の皆様に心から感謝を申し上げます。

ありがとうございました。

糸井千恵美の銅版画で聴く、ヘンリー・パーセルの世界

本日のブログは展覧会の紹介です。

我が銅版画の師匠・糸井千恵美さんが来月から高崎で
個展を開催致します。

以下、詳細です。

ファイル 1472-1.jpg


「糸井千恵美の銅版画で聴く、ヘンリー・パーセルの世界」展


期間・・・・・・2016年10月1日(土)から10月27日(木)まで
                 10:30から18:00まで
                 月・火休廊。 10月10日は開廊
                 コンサート開催日 10月14日・15日・16日。18:00から

場所・・・・・・ギャラリー空華
                 群馬県 高崎市 寺尾町 2305-253

問い合わせ・・・tel 090-4600-7095(ギャラリー空華・本田まで)

料金・・・・・・個展会場は入廊無料
                 コンサートは全席自由。要予約。一般¥2000円


今回の糸井さんの個展はイギリス・バロック時代の作曲家
ヘンリー・パーセルの歌曲のコンサートと演奏曲に対応した
描き下ろし銅版画作品の展示となるそうです。

いつもの糸井ワールドがヘンリー・パーセルの歌曲を介して
どんな世界に変化してゆくのか・・・
個人的にとても楽しみな展覧会です。

このブログを定期的に愛読してくださっている賢明な皆様も
興味のある方は是非!会場までお出かけくださいませ。

よろしくお願い致します。        

「愛のなかの女性たち」展(高崎市美術館)

今回のブログは宣伝です。

申し訳ありません・・・既に始まっている展覧会です。(汗)

ファイル 1471-1.jpg

ファイル 1471-2.jpg


「愛のなかの女性たち」展
ムンク・ピカソ・山口薫、芸術家が捧げるイメジェリー

期間・・・・・・2016年9月17日(土)から11月18日(金)まで
        期間中に一部作品の展示替えがあります。
        前期・9月17日(土)から10月30日(日)まで
        後期・11月1日(火)から11月18日(金)まで
        10時から18時まで開館。金曜日のみ10時から20時まで開館
        (入館は閉館の30分前まで)
        毎週月曜日休館。(月曜日が祝日の場合は開館し翌日休館)

場所・・・・・・高崎市美術館
        郵便番号370-0849
        群馬県 高崎市 八島町110-27

問い合わせ・・・TEL 027-324-6125(高崎市美術館まで)

観覧料・・・・・一般¥300円・大高生¥200円
        65歳以上の方と中学生以下は無料。

注意・・・・・・10月28日(金)は「群馬県民の日」の為、無料公開。


因みに・・・

今回の展覧会は作家が描く女性像と云う「括り」で構成されており、
いろんな時代、ジャンルから大勢の作家の作品が展示されております。

で・・・

女子高生ばかり描いている私の作品も今回の企画趣旨に該当?(笑)

・・・と云うことで、油絵 S100号 「Base ball」 と同じく油絵 M8号
「セピア色のラブレター」の2点を展示して頂いております。
(因みに、「セピア色のラブレター」は高崎市美術館に収蔵されている
作品の為、私自身が観るのも久々の作品です。懐)

ムンク・ピカソ・シャガール・・・といった有名作家の作品と同じ並びで
突然、現れる新井コー児の女子高生ワールド・・・(汗・笑)
この大ギャップを楽しみたい方は是非、期間中に高崎市美術館まで
お出かけくださいませ。

よろしくお願い致します。

最後に・・・

今回の企画展への出品に際し、私を参加メンバーに加えてくださった
関係者の皆様に心から感謝を申し上げます。

ありがとうございました。


蛇足ですが・・・

10月23日(日)14時から美術館にて私のアーティスト・トークが
関連事業として行われるらしい・・・です。
いい歳して?女子高生について語る?・・・のは、とても恥ずかしいので・・・
皆さん、どーか・・・この日を外してご観覧くださいませ。

重ね重ね、よろしくお願い致します。

こどもとあーと展2016

本日のブログは展覧会の紹介になります。

先月・・・

夏休みに渋川市美術館で開催されたワークショップの
作品展が始まります。

以下、詳細になります。

ファイル 1470-1.jpg

「こどもとあーと展2016」

期間・・・2016年9月10日(土)から10月2日(日)まで
     10時から18時まで(入場は17時30分まで)

休館日・・火曜日(祝日の場合はその翌日)

場所・・・渋川市美術館 3階 企画展示室
     郵便番号 377-0008
     群馬県 渋川市 渋川新町 1901-24

問合せ・・0279-25-3215(渋川市美術館)

入場料・・無料


因みに・・・

本日、展示会場の設営を手伝って参りました。
まだ途中段階ですが、会場風景はこんな感じです。

ファイル 1470-2.jpg

ファイル 1470-3.jpg

この他に・・・

ファイル 1470-4.jpg

絵本が自由に読めるコーナーもあります。
(これから、この棚に絵本が並びます)

ファイル 1470-5.jpg

それから恒例の「らくがきコーナー」

壁一面! やりたい放題!!!(笑)
じゃんじゃん! らくがきしてください!!!

ワークショップに参加された皆様も・・・
そーではない皆様も是非!!!
期間中に渋川市美術館までお出かけください。

よろしくお願い致します。

「あーとな玉手箱をつくろう!!」最終日

今年もお陰様で渋川市美術館で開催されたワークショップ
「あーとな玉手箱をつくろう!!」が大盛況の中、
無事に終了致しました。

以下、ワークショップ最終日の制作風景です。

ファイル 1469-1.jpg
(午前の部)

ファイル 1469-2.jpg
(午前の部)

ファイル 1469-3.jpg
(午後の部)

ファイル 1469-4.jpg
(午後の部)


今回も・・・参加された皆様の熱心且つ、一生懸命な制作態度に
沢山の「元気」を頂きました。

心から感謝を申し上げます。

ありがとうございました!!!


さて・・・

今年の「こどもとあーと展」ですが、開催詳細は以下の通りです。

「こどもとあーと展」

期間・・・2016年9月10日(土)から10月2日(日)
     10時から18時まで(入場は5時30分まで)

休館日・・火曜日(祝日の場合はその翌日)

場所・・・渋川市美術館 3階 企画展示室
     郵便番号377-0008
     群馬県 渋川市 渋川(新町) 1901-24

問合せ・・0279-25-3215(渋川市美術館まで)

注・・・・「こどもとあーと展」のみ観覧無料


参加された方々も、そうではない方も子供達の完成作品を
ご覧になりたい方は是非!期間中に渋川市美術館まで
お出かけくださいませ。

展覧会期間中は「らくがきコーナー」と「絵本コーナー」も
用意されます。是非、御家族連れでお楽しみください。

よろしくお願い致します。


     

「あーとな玉手箱をつくろう!!」初日

今年も渋川市美術館で開催されたワークショップ
「あーとな玉手箱をつくろう」の初日が無事に
終了致しました。

以下、子供達と保護者様達の制作風景です。

ファイル 1468-1.jpg
(午前の部)


ファイル 1468-2.jpg
(午後の部)


毎年のことですが・・・

参加した皆様が熱心に制作する風景から
沢山の感動を頂いております。

ありがとうございました!(感謝)。

今年も2週に分けて制作して頂くワークショップ。
来週の日曜日で完成を予定しております。

素晴らしい作品が出来上がることを
楽しみにしております。

「あーとな玉手箱をつくろう!!」

本日のブログはワークショップの宣伝になります。

ファイル 1467-1.jpg

「あーとな玉手箱をつくろう!!」


日時・・・2016年8月21日(日)と8月28日(日)の2日間。
 
     Aコース  9時30分から12時30分まで。
     Bコース  14時から17時まで。

場所・・・渋川市美術館3階資料室
     郵便番号377-0008
     渋川市渋川(新町)1901-24

講師・・・新井コー児(画家)
     カナイサワコ(造形作家)
     須田真理(渋川市美術館学芸員)
                     (敬称略)

料金・・・¥500円(材料費として)

対象者・・年長から中学生まで
    (小学校2年生までは保護者の同伴が必要です)

人数・・・各コース  15名(先着順)

内容・・・今回のワークショップでは大きな玉手箱をつくります。
     中に入れるモノは自由。
     自分の好きなモノ、大好きな食べもの、変身するための道具
     などなど・・・中身はもちろん!箱もしっかりお化粧させて
     「あーとな玉手箱」をつくりましょう。
     さぁ、みんなで楽しく作品を作ってみましょう。
     完成作品は9月10日から10月2日の間に美術館で
     開催する「こどもとあーと展2016」にて展示します。

持物・・・筆記用具、はさみ、カッター、定規(30cm位)
    (当日は汚れてもかまわない服で来てください)

申込・・・7月30日(土)から8月17日(水)まで。 
     10:00から18:00の間に渋川市美術館まで
     電話で申し込んでください。

電話・・・0279-25-3215 


因みに・・・


私が作った参考作品は・・・

ファイル 1467-2.jpg

「森」をイメージして? こんな感じ?
ちょうど玉手箱が開いて、箱の中から小さな「森」が
飛び出す感じ?

ファイル 1467-3.jpg

続いて、こちらの作品も私のもの。

こんどは「海」をイメージ。(海無し県人なのに!?笑)
箱の中から「海」が溢れる感じ?

ファイル 1467-4.jpg

最終的に・・・

私が作った作品を同時に並べると、こんな感じです。

因みに・・・いずれの写真も撮影場所は渋川市美術館です。


まだ、定員に満たないので興味のある方は是非!
お申し込みくださいませ。

よろしくお願い致します。

猫z in SUMMER

本日のブログは宣伝になります。

明日(2016年7月15日)から高円寺の画廊で
開催される「猫」展に参加致します。

以下、詳細です。

ファイル 1466-1.jpg

「猫z in SUMMER」展

期間・・・2016年7月15日(金)から7月24日(日)まで
            7月19日(火)・休廊。
            12:00から19:00まで開廊。
            最終日は17:00まで。

場所・・・ギャラリー来舎 KIYA
            東京都杉並区高円寺北 2−37−5−102

出品作家・・・新井コー児、斎部洋子、小倉宗、辻優子、
                   平林義教、堀内朗、山下絵理奈
                                                (五十音順、敬称略)

問い合わせ・・・03−3223−2121(ギャラリー来舎まで)

勿論・・・入廊無料です。

因みに・・・

私は猫に関連した油絵小品4点と銅版画1点(いずれも旧作)を
出品致します。
私の作品に限らず、「猫」に興味のある方、ならびにお近くに
お住まいの方は是非、高円寺までお出かけくださいませ。
よろしくお願い致します。

尚、蛇足になりますが・・・

今回の展覧会も、展示期間中に私は1日も在廊出来ません。
(諸事情、お察しくださいませ。涙)

最後に、

この度のグループ展・開催に際し、私に声をかけてくださった
画廊オーナー様、ならびにご尽力してくださった全ての皆様に
心から感謝を申し上げます。

ありがとうございました。