記事一覧

なんなん?どうなん?そうなんだ!2019

本日のブログは宣伝になります。

しかも、今頃の告知になってしまい申し訳ありませんでした。

ファイル 1534-1.jpg

「なんなん?どうなん?そうなんだ!2019」

期間・・・2019年7月14日(日)から8月12日(月・祝)まで
      10:00から18:00まで(入場は17:30まで)
      火曜日・休館(祝日の場合はその翌日)

場所・・・渋川市美術館
      群馬県 渋川市 渋川(新町)1901-24  3階 企画展示室

出品作家・・・明田一久、新井コー児、石野安親、狩野守
        北村真行、小林裕児、島田勝吾、ジュール・パスキン
        高橋房雄、瀧沢巨森、外丸治、星かおり、牧信成
        柳健司、レンブラント・ファン・レイン、吉村浩美
                     (敬称略)

観覧料・・無料

問い合わせ・・・0279-25-3215(渋川市美術館まで)


私の作品はF100号の油絵と立体が1点づつ展示されております。
期間中、お近くに立ち寄りの際は是非、ご観覧くださいませ。

よろしくお願い致します。

2019・個展(下北沢)千秋楽

ファイル 1531-1.jpg

ご報告が遅くなりました。

申し訳ありませんでした。

2019年6月の私の個展(東京・下北沢)が無事に千秋楽を迎えました。

この度の個展も展示に関わった関係者の皆様・・・

並びに、お越しくださった全ての皆様に

心から感謝を申し上げます。

ありがとうございました。

新井コー児・個展・2019・下北沢

3年ぶりに東京・下北沢で個展やります。

会期・・・・・・2019年6月1日(土)から6月9日(日)まで
          11:30から19:00まで
          6月4日(火)は休廊。最終日は17:00まで

場所・・・・・・ギャラリーHANA下北沢
          東京都 世田谷区 北沢 3-26-2 1階
           小田急線・井の頭線(下北沢駅・中央口・東口徒歩5分)


問合せ・・・・・・03-6380-5687(ギャラリーHANA下北沢まで)

勿論・・・・・・入廊無料です。


3年前・・・こちらの画廊にて、個展でお世話になって以来・・・
東京で個展をするのも3年ぶりになります。

なので・・・今回の個展は前回以降、群馬県内での個展・グループ展で
発表した油絵・水彩の小作品と新作の油絵(小作品)・・・
それから、立体作品少々の構成で展示致します。

ここ3年、群馬までは遠い・・・と思って、
お越し頂けなかった都心部の皆様に是非!
ご高覧頂きたい個展になります。

因みに・・・

群馬県内では今年11月に前橋のギャラリー・オーツーさんにて個展が
予定されております。

どちらの個展もお近くの方をご高覧頂ければ、嬉しゅうございます。

よろしくお願い申し上げます。

ファイル 1530-1.jpg

因みの因みに・・・

今回の新作は「いすゞのベレット1600GTR」を描いてみました。
当時の愛称は「韋駄天ベレジー」

現在・・・

私の家の近所では高崎問屋町にて白のベレットをよく見かけます。
それから、お隣の藤岡市内にて、今回描いたボンネットが黒で車体が橙色の
ベレジーを頻繁に目撃しております。(カッコイイッ!!!)

それから・・・

ファイル 1530-2.jpg

ダイハツのミゼットも描いてみました。

この車両は国道17号沿い(埼玉県神保原)の建材屋さんに
綺麗にレストアされた車両が展示されております。
(建材を1つも買わず、ミゼットばかり見ているオジさんって・・・笑)

これは余談になりますが・・・

最近・・・

安中の原市界隈にて銀色のトヨタ・パブリカを発見!!!(嬉々)

次の個展ではパブリカ・・・描いちゃうかもです。

余談の余談になりますが・・・

私の父(他界)が最初に乗った車がこのトヨタ・パブリカでした。
その後の、父の愛車遍歴は新井家全体が白い目で見られてしまいそうな遍歴なので
ここには記載出来ませんが・・・(苦笑)

要するに・・・

パブリカ辺りで留めておくのが無難かと・・・
そー云う人だったので・・・(笑)

最後に・・・

今回の個展・・・

私は最終日のお昼過ぎから終了までの半日間だけ在廊致します。

井上ともやすLIVE・前橋

吉田拓郎ファンであれば・・・

日本全国的に、もはや・・・

知らない人はいないであろう・・・ミュージシャン。

井上ともやす氏!!!


今日は久々に群馬県内でライブ・・・とのことで
行って参りました前橋の「音処きしん」。

相変わらず・・・

開場前から駐車場は井上さんのファンの車でいっぱい。
(この状況を想定していた私はバイクで、きしんへ・・・)

ファイル 1529-1.jpg

・・・で、期待の・・・楽しみにしていた、ライブは・・・

もう・・・

予想を遥かに超えるハイ・パフォーマンス!!!

「独り・弾き語り」でこれ以上の演奏ができるのは・・・

たぶん・・・世の中で吉田拓郎さん本人以外いないでしょう・・・

そして・・・

その拓郎さんご本人は「弾き語り」はもう、人前でしない・・・と

なんだろうなぁ・・・この刹那さ・・・

でもですね・・・

この、井上さんの演奏・・・

もはや拓郎さんのコピーなんかではありません。

魂・・・入ってます!!!

今、日本で・・・

これだけの弾き語りを出来るミュージシャンを探すのが難しいのでは?

井上さんの演奏中・・・

何度も何度も・・・

井上さんが吉田拓郎に観える瞬間があり・・・

「はっ!!!」と成りました。
(YouTubeで見るのと生で聴く演奏は全く別ものですよ!)

ライブ後半・・・

拓郎さんのコピーではなく、井上さんのオリジナル曲が披露された際・・・

嗚呼、この人は拓郎さんのマネの人ではなく・・・

「弾き語り」として・・・

ミュージシャンとして・・・

とてつもなく、凄い人なんだなぁ・・・と

再確認するライブでした。

こんなに凄いミュージシャンの井上ともやすさんには、
是非!!!メジャーの世界で脚光を浴びて欲しいと
個人的に、心から願います!!!

井上さん・・・

今夜のライブも・・・

予想を遥かに超える素晴らしいライブでした。

ありがとうございました。

また来年・・・

前橋でのライブを・・・

首を長くしてお待ちしております!!!

でも・・・

近々、お会いするのは・・・

神田ですかね?(笑)

USAGI展

今回のブログも展覧会の宣伝になります。

ファイル 1527-2.jpg

ファイル 1527-3.jpg


「USAGI展」


期間・・・2019年4月14日(日)から8月4日(日)まで
      土・日・祝祭日のみ開館 11:00から16:00まで
      4月30日から5月2日までは休館

場所・・・中之沢美術館
     群馬県 前橋市 粕川町 中之沢 249-14

出品作家・・・秋山佳奈子、明田一久、Antje Gummels、
       新井コー児、糸井千恵美、金田菜摘子、木村明
       木村俊也、小林裕児、小峰美省、佐藤幸代
       更級真梨子、島田忠幸、高橋幸子、瀧ケ崎千鶴
       多胡宏、中野由紀子、野口和洋、野口久美子
       平島鉄也、丸尾康弘、三谷慎、森村幸子
       山中克子、吉川千香子、吉村浩美
                      (敬称略)

問合せ・・・027-285-2880(中之沢美術館まで)

入館料・・・一般¥500円 ・小中学生¥300円


今年の中之沢美術館・・・春の企画展は「うさぎ」がテーマです。
出品作家各々が表現する個性豊かな「うさぎ」をお楽しみくださいませ!


ファイル 1527-1.jpg

因みに・・・

私は先日、東京・南青山で発表した作品をそのまま出品致します。
一応? 「うさぎ」のはず・・・?(笑)


この度の企画展も私に声をかけてくださった美術館関係者の皆様に
心から感謝を申し上げます。

ありがとうございました。

「弥生の空に」Part 1

本日のブログは宣伝になります。

東京・南青山で開催されるグループ展に参加させて頂きます。

以下、詳細になります。


「弥生の空に」 Part1

場所・・・始弘画廊
      東京都港区南青山5-7-23始弘ビルB1
期間・・・2019年3月4日(月)から3月16日(土)まで
      11:00から19:00まで(日曜日休廊、最終日17:00まで)
出品作家・・・新井コー児、市川光鶴、小田千裕、井上樹里、
        櫻井裕子、堀一浩、和久田大仁       (敬称略)

今回の展覧会では各作家が、30号、8号、3号の合計3点づつを出品致します。

・・・で、私は・・・

女子高生ばかり描いていると・・・芸がない?   ので・・・

ファイル 1526-1.jpg

今回はバニーガールを描いてみました。

ここだけの話・・・

この程度の事で、私の性癖って・・・バレないです・・・よねぇ?

では、この展覧会にご興味のある賢明な皆様!!!

展覧会中のご高覧をお待ちしております。

是非っ!!!

M SCULPTURE 2019

この度も、遅れ馳せながら・・・

展覧会の紹介になります。

日頃から・・・

グループ展、ワークショップ等で大変お世話になっている
造形作家の吉村浩美さんが参加しているグループ展が東京・銀座で
開催中です。

展示期間が残り僅かですが、お時間に都合がつく方はお出かけ頂けると
嬉しゅうございます。

ファイル 1525-1.jpg

「M SCULPTURE 2019」

場所・・・・・・東京都 中央区 銀座 1−5−2 西勢ビル6階
         ギャラリーSOL

期間・・・・・・2019年2月4日(月)から2月16日(土)まで
         11:00から19:00まで。最終日17:00まで。
         2月10日(日)・休廊。祝日開廊。

出品者・・・・・・あないまみ、飯島真枝、岡孝博、吉村浩美
              (敬称略)

勿論・・・・・・入廊無料です。

技法、材料・・・様々な表現で制作された立体作品をお楽しみ頂けると思います。

ご興味のある皆様、ご高覧、よろしくお願い致します。

是非!!!

2019年 初釣り

このブログを定期的に愛読してくださっている賢明な皆様・・・
まだ、定期的に?このブログを閲覧してくださっているのでしょうか?

いろいろ、滞っていて申し訳ありません。

今頃になっての更新ですが・・・

あけまして、おめでとうございます!(悲・笑)

では、新春恒例の?

伊豆の初釣りブログです!

今年も、やって参りました南伊豆です。
これまた毎年の事ですが・・・オール野宿の釣り行脚です。

・・・で、南伊豆、今年初釣りは2019年1月2日(水)

前日の晩から漁港に到着し、港の片隅で野宿宴会になり・・・
1月2日の朝からの初釣りも?
毎年の如く? 良い潮の時間帯を睡眠で通過し・・・(涙)

釣り開始時刻は10時を過ぎてから・・・(嗚呼、涙)

・・・で、テトラ帯の穴釣りで最初にヒットしたのが、フグ・・・(涙)

勿論、食べられないので即、リリース・・・

その後も、フグのオンパレード・・・(涙)

暫くして、フグ以外のお客様にご登場頂きましたが・・・

小さな小さなトラギス様・・・1匹。

勿論、その場で太平洋へお帰り頂きました。(涙)

その後・・・堤防の足元に仕掛けを落として数分・・・

ファイル 1522-1.jpg

なんと!!!

我が海釣り人生初のウマヅラハギ様!!! ゲット!!!!!(驚)

勿論!!!  キープです!!!(笑)

(因みに、当日の晩、肝醤油の刺身で美味しく頂きました・感謝!)

この後・・・

気を良くした私は穴釣りをしつつ、
もう1本の竿を漁港内へ投げ、置き竿状態に・・・

・・・で、この置き竿にしていた仕掛けに大物が・・・

ファイル 1522-2.jpg

なんと!!!

ご禁制の伊勢海老様、ご入店!?

個人的に・・・かなり、ビックリ!!??
(漁港内は砂地なので伊勢海老はいないと思った)

・・・で、この後・・・

穴釣り仕掛けに掛かったのは、なんと!!!

ファイル 1522-3.jpg

ウツボ!!!

大変、凶暴な魚・・・と聞いており、その口から剥き出しに見える歯に
ビビり・・・鈎を外すのに相当な時間を費やしました。(疲)

でも・・・刺身で食うと美味いらしいのでキープ!!!(笑)

因みに・・・

多分・・・このウツボ君が我が海釣り人生の中の最大魚になるのですが・・・
ウツボが最大記録・・・と言うのが「イヤ」で寸法を測るのを拒否しました。

永い人生の中には、そー言う事も多々?ある、はず?・・・ですよね?(笑)

そんな・・・すったもんだの挙句・・・

穴釣り仕掛けに、やっと掛かった本命魚は

ファイル 1522-4.jpg

ソイ君!!!

しかし・・・キープするには、あまりにも小さい・・・(涙)

最終的に・・・

いろいろ頑張ってみたものの・・・

ファイル 1522-5.jpg

フィナァーレで釣れたのが、磯の帝王? メジナさん!!!

・・・でも、とてもミニ・・・(涙)

そんな訳で2019年・・・最初の釣りは撃沈で終わりました。

では、本日の釣りの内訳です。

まずは仕掛けから

穴釣り仕掛け

竿・・・6尺(ベイトロッド)
リール・・・ベイトリール
道糸・・・3号
ハリス・・・3号
鈎・・・せいご鈎13号
餌・・・オキアミ

ぶっ込み仕掛け

竿・・・6尺(コンパクトロット・980円・笑)
リール・・・スピニングリール(2000番)
道糸・・・3号
ハリス・・・3号
鈎・・・せいご鈎13号
餌・・・赤イソメ

釣り時間

釣り開始時刻・・・10:03
釣り終了時刻・・・16:29
釣り合計時間・・・6時間26分

本日の釣果

フグ・・・・・・3匹
トラギス・・・・・・1匹
ウマヅラハギ・・・・・・1匹
伊勢海老・・・・・・1匹
ウツボ・・・・・・1匹
ソイ・・・・・・1匹
メジナ・・・・・・1匹

合計釣果・・・・・・9匹(涙)

勿論・・・

今回の釣果の内、伊勢海老は持ち帰り御法度の魚種なのでリリース。

この日の晩に酒の肴として漁港内の野宿宴会場で美味しく頂いたのは
ウマヅラハギとメジナさんでした。

今年も我が日本国の素晴らしい自然の恵みに心から感謝です!!!

ありがとうございました。

今年1年の・・・このブログを定期的に愛読してくださっている賢明な皆様の
ご健康とご活躍を心からお祈りしております。

2019年も、よろしくお願い致します!

「第20回 継の会」展

本日のブログも宣伝になります。

年末恒例のグループ展「継の会」展に参加します。

ファイル 1521-1.jpg

第20回「継の会」展

出品作家・・・新井コー児、今井充俊、掛川孝夫、金井訓志
        金子滇、小林正、福島保典 (敬称略)

期間・・・2018年12月12日(水)から12月18日(火)まで。
      10:00から19:00まで。(土日は19:30まで)
      最終日は14:00閉廊。

場所・・・高崎高島屋5階アートギャラリー

問い合わせ・・・027-330-3956(高崎高島屋まで)

勿論・・・観覧無料です。

今年の展示は参加作家全員が最低1枚は「バラ」の絵を描く・・・
・・・という面白いルール。

こんな「約束事」でもない限り、私は花の絵を描かないでしょうね?
私が描いた「バラ」の絵は会場に来られた方のお楽しみ・・・ということで
よろしくお願い致します。

ファイル 1521-2.jpg

今回のDMに使った作品はこんな感じです。

私は、今年制作した油画と水彩画の小品を8点、展示しております。

興味のある方は是非! 高崎高島屋までお出かけくださいませ!!

よろしくお願い致します。

「愛の募金」チャリティーアート展 2018

本日のブログも宣伝になります。

今年も上毛新聞社主催のチャリティー展に参加致します。


「愛の募金」チャリティーアート展 2018

期間・・・・・・2018年12月6日(木)から12月8日(土)
          am10:00からpm5:00まで(8日はpm4:00まで)

場所・・・・・・ヤマダグリーンドーム前橋 1階会議室

購入方法・・・作品1点につき最低落札価格を色紙作品¥10000円から、
          工芸作品¥12000円から、キャンバス作品¥20000円からとし、
          購入希望額を会場備え付けのカードに記入し、投票してください。
          最高額の方に落札致します。

発表・・・・・・12月9日(日)正午より会場前にて各作品の落札者を提示致します。
          同日付の上毛新聞にも掲載致します。

作品引き換え・・・12月9日(日)正午から午後5時まで、
                         会場にて現金引き換えでお渡しします。
                         10日(月)、11日(火)の二日間、上毛新聞本社にて
                         午前9時から午後6時の間、
                         現金引き換えで作品をお渡しします。

主催・・・・・・上毛新聞社・上毛新聞厚生福祉事業団


今年も上毛新聞社から私のアトリエ宛てに送られて来たのはF3号のキャンバス。

・・・で、描いた作品がこんな感じです。(展覧会当日は額装されてます)

ファイル 1520-1.jpg

作品購入希望の方は¥20000円から落札可能です。
因みに、昨年も落札希望者が複数いらっしゃり、競ったそうです・・・(大感謝)

今年も落札して頂いた全額を「愛の募金」に寄付致します。

「一日一善」ではなく「一年一偽善」・・・

これも、なんだか私の毎年恒例行事?になりつつあります。(笑)

私が他界した際・・・
おそらく地獄行きでしょう・・・
しかし・・・
そこで芥川龍之介の「蜘蛛の糸」よろしく?
天から蜘蛛の糸が降りてきて・・・
私はその糸にすがるわけですよ・・・
・・・で、同じく地獄に落ちた後続者も蜘蛛の糸にすがるわけです。
ここで、芥川の作品を既読の私は下を見て叫ばないのです。(笑)
そのまま、切れそうで切れない蜘蛛の糸にすがり・・・
見事?天国へ・・・
・・・というシナリオを期待しつつのチャリティー展参加です。
下心満載です。
でも、そんな私の作品でも、どなたかが購入して頂いた金額は
全て「愛の募金」へ・・・
これ、立派なチャリティーです・・・よ・・・ね?

ご興味のある方、是非! このチャリティー展をよろしくお願い致します。

因みに・・・

私以外で上毛新聞社から声をかけられた作家は全て群馬県を代表する
著名な作家の皆様です。
勿論!F3号、¥20000円で購入出来る作家など一人もおりません。
もし、競る人がいなければ・・・憧れの有名作家の作品を¥20000円で
購入出来るかもしれない一年に一度の大チャンスになります。

動機が不純であれ・・・

描いた側も・・・
購入する側も・・・

そこで発生した金銭は漏れなく「愛の募金」へ・・・

これ皆、結果的に「善意」だと思いたい・・・です。

このブログを定期的に愛読してくださっている賢明な皆様、

この展覧会への参加・・・

よろしくお願い申し上げます。