記事一覧

第24回「継の会」展

今年も高島屋で毎年恒例の企画グループ展「継の会」に参加させて頂きます。

ファイル 1589-1.jpg

第24回「継の会」展

場所・・・高崎高島屋 5階アートギャラリー

期間・・・2022年12月7日(水)から12月12日(月)まで。
10:00から18:00まで。 最終日は14:00まで

出品作家・・・新井コー児、今井充俊、金井訓志、金子滇、小林正、小林裕児、福島保典。(敬称略)

問い合わせ・・・027-330-3956(高島屋・ギャラリー直通)

勿論・・・観覧無料です

興味のある方は是非、展覧会期間中に高島屋までお出かけくださいませ。

よろしくお願いいたします。

愛の募金」チャリティーアート展 2022

毎年恒例の上毛新聞社主催のチャリティー・オークション展に今年も参加致します。

「愛の募金」チャリティーアート展2022

期間・・・2022年12月8日(木)から12月10日(土)まで。
10:00から17:00まで。最終日は16:00まで。
落札者への発表と作品引渡しは11日(日)12:00からとなります。

場所・・・日本トーターグリーンドーム前橋・1階会議室。
群馬県 前橋市 岩神町 1−2−1

問合せ・・・027-251-4341(上毛新聞社・読者局まで)

今回も作品売り上げ金の全額を寄付致します。

オークション方法は参加作家の全作品が一律¥20,000円からスタート。
期間中に最高額で落札した方が作品購入となります。

もしかしたら・・・有名作家の作品をありえない安値で購入出来るチャンスです!!!
興味のある方は是非!期間中にグリーンドーム前橋までお出かけくださいませ!!!

追伸・・・観覧は無料です。観るだけでも楽しい展覧会です。

お気軽にどーぞ!!!

ファイル 1588-1.jpg

因みに・・・私が今回、出品した作品は、こんな感じです。
「波止場にて・・・」 (キャンバス・油彩・F3号、2022年11月制作)

よろしくお願い致します。

吉村浩美 展

本日のブログは展覧会の紹介になります。

日頃からグループ展等で大変お世話になっている
乾漆造形作家の吉村浩美さんの個展のお知らせです。


ファイル 1587-1.jpg

吉村浩美 展

場所・・・ギャラリー結
     東京都 大田区 萩中 1-10-27

期間・・・2022年12月11日(日)から24日(土)
     14日(水)、15日(木)、21日(水)は休廊
     11:00から18:00まで(最終日は16:00まで)

問い合わせ・・・03-3744-1957(ギャラリー結まで)


吉村さんの「乾漆」という伝統技法による
落ち着いていて、キュートな作品を是非!ご高覧くださいませ!!!

よろしくお願いいたします。

2022年11月「新井コー児」個展、無事終了

2022年11月・・・

お陰様で、今年の新作個展も大盛況の中、
無事に終了することが出来ました。
展覧会期間中、ご高覧頂いた皆様、並びに画廊関係者の皆様に
心から感謝を申し上げます。

ありがとうございました。

では、数枚ですが・・・個展会場の風景をアップいたします。

ファイル 1586-1.jpg

ファイル 1586-2.jpg

ファイル 1586-3.jpg

ファイル 1586-4.jpg

ファイル 1586-5.jpg

今後も作家活動を続けて参りますので、引き続きご支援、ご指導
よろしくお願い申し上げます。

新井コー児・個展・2022年

本日のブログは宣伝になります。


ファイル 1585-1.jpg

新井コー児 展


場所・・・ギャラリー空華
     群馬県 高崎市 寺尾町 2305-253

期間・・・2022年11月2日(水)から11月13日(日)まで
     10:30から18:00まで。 月・火曜日、休廊。

問合せ・・・090-4600-7095(ギャラリー空華・本田まで)

勿論・・・入廊無料です!

今年も高崎市内で個展をやらせて頂きます。
昨年11月以降に描いた新作油絵を20点前後、展示する予定です。

興味のある方は、お気軽にご来廊くださいませ!

よろしくお願いいたします。

糸井千恵美 個展 2022

久々に更新のブログは展覧会の紹介になります!

今回、ご紹介する展覧会は、
我が銅版画の師匠・糸井千恵美さんの個展です。

ファイル 1583-1.jpg

糸井千恵美・個展・「フラットでニュートラル」展

期間・・・2022年10月13日(木)から10月23日(日)まで
     am10:30からpm6:00まで
     月・火曜日休廊

場所・・・ギャラリー空華
     群馬県 高崎市 寺尾町 2305-253

問合せ・・・090-4600-7095(本田まで)

今年も師匠の自然体な作品達をギャラリー空華の素敵な空間で
拝見出来るのが楽しみです!

興味のある方は是非!展示期間中に空華までお出かけくださいませ!!!

遂に!?シロギス「ツ抜け」達成!!!(祝)

苦節14年・・・

遂に・・・シロギスの「ツ抜け」達成!!!(祝・涙)

海釣りを本格的に始めてから、早・・・14年。
ここ数年は一年間に一回ペースの海釣り・・・
しかも、正月。(悲笑)。

ファイル 1584-1.jpg

今年は、たまたま独りで自由な時間が8月に出来たので、
このチャンスに新潟・寺泊港へ!!!
写真は懐かしの「弥彦山」です。

ファイル 1584-2.jpg

堤防から投げ釣りを開始してすぐ!!
釣れたのは、クチボソ並みに小さなシロギス!
どんなに小さくても本命のシロギスです!!!(悲笑)

この後、今年は何故か?アタリが連発し本命のシロギスが
コンスタントに釣れてゆきました・・・

しかし、サイズは全部、クチボソ・サイズ・・・(悲・涙)

ファイル 1584-3.jpg

そーこーしていると、大きなアタリと引きに!?
やっと、大物のシロギスか!?
・・・と思いきや・・・
釣れたのは、ヒイラギ・・・(涙)

釣り開始から約1時間が経過・・・
ここで、今回の釣り・・・最大の誤算!?

今朝、釣具屋で餌のジャリメを購入する時点で
本日の釣果を諦めていた私はハーフサイズのジャリメを購入。

ところが、釣りの中盤戦で外道のフグの猛攻に会い・・・
餌の大損出・・・

で、この状況の中・・・
小さいながらも本命のシロギスが8匹釣れた時点で

残りの餌が、あと2匹・・・(嗚呼・・・涙)

あと2匹釣れれば・・・念願のシロギス「ツ抜け」達成なのに・・・
また次? 千載一遇のチャンスが私に巡ってくるのは何時になるのか・・・

そんな諦めと絶望の中・・・
神様は確かに存在しました!!!

ファイル 1584-4.jpg

なんと!!!

最後の餌の最後の一投でシロギス2連掛けに成功!!!

しかも、最後のシロギスはちゃんとした大きさ!!!(笑)

これで・・・

やっと重かった肩の荷がおりました・・・

では、本日の釣りの内訳です。

本日の仕掛け

竿・・・投げ竿(12尺)
リール・・・スピニングリール(3000番)
道糸・・・3号
ハリス・・・1号
鉤・・・キス鉤7号(3本鉤仕掛け)
餌・・・ジャリメ

本日の釣り時間

釣り開始時刻・・・10時20分
釣り終了時刻・・・12時38分
釣り合計時間・・・2時間18分

本日の釣果

シロギス・・・10匹
ヒイラギ・・・2匹
フグ・・・1匹
合計釣果・・・13匹

ファイル 1584-5.jpg

今回は帰省時間の関係から、釣った魚達は食べずに、
全て生きたまま現地放流しました。

また次回、この海で私と遊んでくれると嬉しいです!

この度も日本海の素晴らしい自然の恵みに大感謝です!

ありがとうございました、

第5回「弥生の空に」展

東京・南青山にて企画展に出品致します。

ファイル 1581-1.jpg

第5回「弥生の空に」展

場所・・・始弘画廊。東京都港区南青山5-7-23始弘ビルB1

期間・・・2022年3月21日(月・祝)から4月2日(土)まで。
      AM11:00からpm6:00(最終日PM5:00)

出品作家・・・安達博文、稲垣孝二、金井訓志、小林裕児、
       寺田和幸、山本靖久、吉武研司、新井コー児、
       池田愛花里、市川光鶴、井上樹里、桜井裕子、
       堀一浩   (敬称略)。

問合せ・・・03-3400-0875(始弘画廊まで)

毎年、この季節に開催される企画グループ展「弥生の空に」展。
今年も参加させて頂きました。(大感謝)

今回、私が出品した作品はF20号「四畳半ブルース」とF3号「午睡」の2点です。(全作家、20号と3号の2点出品)

ファイル 1581-2.jpg

「四畳半ブルース」  F20号、キャンバス・油彩、 2022年3月制作

ファイル 1581-3.jpg

「午睡」 F3号、パネル・油彩、2022年3月制作

桜の大樹の下、花見とセットで是非!ご高覧をよろしくお願い致します。

高崎市美術館「5つの部屋+I」展

既に開催中の展覧会ですが、遅れ馳せながら宣伝を・・・

高崎市美術館会館30年の記念展「5つの部屋+I」展

この展覧会に私の作品・「黄昏の四畳半」F100号(2005年制作・2007年収蔵)が展示されております。

ファイル 1580-1.jpg

ファイル 1580-2.jpg


「5つの部屋+I」展

場所・・・高崎市美術館。群馬県高崎市八島町110-27

期間・・・2022年1月15日から3月27日まで。
      午前10時から午後6時まで(金曜日のみ午後8時まで)

休館日・・・毎週月曜日(但し月曜日が祝日の場合は会館し、翌日休館)

観覧料・・・一般¥100、大高生¥80。中学生以下、65歳以上は無料。

今回の展示、私の作品はF100号の油絵1点のみです。

ファイル 1580-3.jpg


この作品は2005年に制作し、2007年に高崎市美術館に収蔵になった作品になります。
私自身、眺めるのは15年ぶりになります。(笑)。
因みに・・・3月6日(日)は午後2時から学芸員さんと私のギャラリー・トークがあります。

できれば・・・

この日のこの時間帯を避けて、この展覧会のご高覧をよろしくお願い致します。(笑)

2021年 高崎高島屋・第23回「継の会」展

21年間お世話になっていたインターネットのプロバイダーを
12月6日(月)に他社へ切り替えたら、ネットが繋がらなくなり・・・
悪戦苦闘すること1週間。(悲笑)
日頃から個展のDM、作品集、ホームページの更新、趣味全般等、
多岐に亘り大変お世話になっている長竹さんにもお手伝い頂き(超!感謝)、
やっとやっとインターネットの世界に復帰出来ました。(祝・笑)。

・・・で・・・。

本日が展覧会最終日になってしまいましたが宣伝を!

高島屋で毎年恒例の企画グループ展「継の会」に参加させて頂いております。

ファイル 1578-1.jpg

「継の会」

場所・・・高崎高島屋 5階アートギャラリー

期間・・・2021年12月8日(水)から12月13日(月)まで
      10:00から18:00まで。 最終日は14:00まで

出品作家・・・新井コー児、今井充俊、掛川孝夫、金井訓志
        金子滇、小林正、小林裕児、福島保典
          (敬称略)

問い合わせ・・・027-330-3956(高島屋・ギャラリー直通)

勿論・・・観覧無料です

いつもながら・・・私以外の全作家が日本全国規模で有名な作家になります。
私が一年間で最も緊張する展覧会です。

因みに・・・今回、私が出品した新作はこんな感じです。

ファイル 1578-2.jpg

「電車通学」 F6号 パネル・油彩 2021年制作。
一応・・・私のイメージでは電車は江ノ電の車内。
窓の向こうは湘南の海・・・
もし、BGMを流すなら、加山雄三かサザン、ビーチボーイズ?
辺でしょうか?

展覧会最終日の連絡になってしまいましたが、間に合う方・興味のある方は
是非!ご高覧、よろしくお願い致します。

ページ移動